レーザー脱毛と毛周期の関係について

Posted by ichioku on 水曜日 10月 9, 2013 Under 未分類

医療用のレーザーで脱毛すると半永久的に毛が生えてこなくなります。また生えてきたとしても産毛のような細い体毛なので目立ちにくく、ご自宅での自己処理の手間も省けますし、お肌トラブルも少ないという点で、高い脱毛効果が認められ、とても人気のある脱毛方法となっています。
では、なぜ医療用レーザー脱毛はこんなに高い脱毛効果があるのでしょうか。
実は毛周期と呼ばれるものにポイントがあったのです。
毛は毛周期と呼ばれるサイクルで発毛・脱毛を繰り返しており
毛が成長を始めて皮膚表面まで伸びてくるのが「成長期」
成長が止まった毛が抜け落ちるまでの期間を「退行期」
次の毛が成長を始めるまでの間を「休止期」といいます。
医療用レーザーは黒色や茶色といったメラニン色素に効果があるもので、毛が皮膚表面にでている成長期の体毛にだけ脱毛施術ができます。また毛周期のサイクルは部位によって異なりますので、医療機関等での施術の際はこの成長期に合わせて施術間隔や回数を設定しているので、効果的な脱毛施術が可能というわけです。

Comments are closed.